創作遊びをやっている亀屋たむの動いた日

chapter4

今週からは大人しく1章のみでやります。
今回は和音の話がメインです。

今まで3和音しか使ってこなかったので、ドミナントに減五度入ってないのにドミナントっておかしくないかねと思っていたのですが、4和音になったら入ってた。しかも以前もこの本勉強した筈なんですが、その時はこれに全然気付かなかったという。
やはりある程度経験を積むと気付きが増えるということです。

さて、今回もざっくりやりたい事だけやることにしました。

(1)フレーズにコード付け
前回作ったCのスケールにコード付けました。

音が詰め詰めになるので、基本的には第1音+第3音にたまに第7音足す感じ

(2)コードにフレーズ付け
選択肢が多すぎてメロディーを作るのが難しいので、分散和音をベースにたまに経過音入れる感じでやりました。

個人的に裏の裏が好きなんですな。
ピアノの運指練習その2。


こうやって聞き比べると、(1)と(2)の違いがよくわかります。
(1)はスカスカですわ。

ちなみに(2)のコードは本にあったのをそのまま流用。
転回系使ってるコードと使ってないコードは何が違うんだろう。
特にG7は第5音抜きになっていました。
スッキリ聞かせるためかな?

確かこの後の章で転回系もあった筈なので、それまでのお楽しみです。