創作遊びをやっている亀屋たむの動いた日

第5回Text-Revolutions参加してきました

2017/4/1に第5回Text-Revolutionsにミニブースで参加致しました。
知り合い0でしたが、懇親会や飲み会へも参加させて頂きました。
一般参加を抜くと、イベント参加は過去に東京文フリ(1回)、第3回テキレボに委託参加(1回)という状況です。

お越し頂いた方、私の雑談にお付き合い頂いた方、テキレボ前の宣伝でRTやファボ、お気に入りボタンを押して頂いた方、皆様本当にありがとうございました。

以下はイベント参加歴の浅い私なりの感想になります。
まとめると楽しかった! 次も出るぜ! という事になります。



当日のブースです。机サイズは70×40㎝。
左右の本がA5サイズなので、A5を4つ並べるとぴったりぐらいだと思います。
意外と並びました。


(1)開場~終わり

開場直後は本部に列が出来ていました。
委託の申し込みとか、チケット購入とか、れぼんちゃんグッズとか、アンソロ購入とかかなーと思いましたが、非常にまったり始まったなぁという印象でした。
ミニブースはメインストリート? 的な大きい通路に配置頂いていたので、本部がよく見えました。もうちょい通路側へ列よ伸びて来いとか思っていました。だって列が近付いて来たら、並んでいる人に視覚でアピール出来るじゃない。

それから暫らくして会場内へ人が流れ始めました。
印象としては、人通りはあまり多くないという感じです。
正直、最初の1時間を過ぎた時点で「あ、これはゼロ冊を覚悟した方がええな」と思いました。その後ありがたいことにお立ち寄り頂けましたが。

特異だったのは同じ人を何回も目にする点ですかね。しかも何人も。つまり、2周以上している方が何人もいたということです。サークル参加の方だったのかもしれませんが、文フリではあまり見なかった光景かもしれません。
ひょっとして、テキレボは会場内滞在時間が長いのかなーと思ったり。居心地がいいイベントというのはいいですね。無配を工夫したらもうちょっと頒布数へ繋げられそうだなと思いました。

あと、実際にブースへ来てくれた方の様子を見ると、あんまり立ち読みされなかったです。
驚いたよ。皆確認しなくていいのか! 良かったのか!
私のブースの前で立ち止まったり、歩く速度が変わったりすると、私がさっさと声をかけて小説の無配を渡してしまうので、「こいつヤバい奴だ。早く離れなければ」みたいな感じになった可能性は否めません。
ただ、お金を払える本については、立ち読みせずに「これ下さい」状態だったので、Webカタログを見て来て下さったのかもなぁと思いました。あと、見本誌を読んで来て下さった方もいました。ありがてえ。
決め打ち的に回られている方も結構いるのかな。全体的にイベント慣れしている方が多いのかも。
私はポスカを置いていなかったのでご近所ブースなのですが、所々でポスカだけ取って会話もせずに消える、みたいな方を何人かお見かけしたので、なんという隠密! 必殺仕事人! と思いました。
手際の良さに感動する一方で、隠密仕事されると私はちょっと淋しいかなぁ。せっかくの祭りなのでもっと遊びましょうよー、とか他人事ながら思っていました。

終了時間は17:00だったのですが、チケットの換金が開始される16:30を回ると片付け開始な雰囲気が出ていました。実際、16:30以後に回っている方はほとんどいない感じ。


(2)離席
離席ほほぼ、出来なかった。
一回離席した時にディスプレイの鳥が一羽落下し、負傷してしまいました。
それ以後、他の鳥が気になって気になって、開場の半分も回らずに帰って来ることに。。。

あと、やはり人があまり来ないので、僅かなチャンスを逃してはならぬと思ってしまい、つい離れられず。客足は波とかなくて、ぽつぽつ来客がある感じなんですわ。または来客がないところに突然人が来る、みたいな。

ちなみに、離席中に「無配ご自由にどうぞ」と書いておいたら、何部か減っていました。一応私が押し付けなくても減るんだなと妙な感動を覚えましたw


(3)頒布数
頒布数はあまり書かない方がいい? みたいな噂を聞いたことがあるので、数字は反転で。
自分がレポを探している時は、頒布数が書いてあった方が参考になったので私は書いておきます。
どうしても「テキレボ=純文、詩は出ない」というイメージがあったので、実は出る前に結構探しましたもん。

頒布した物を黒字にして、横に数書きます。
<頒布物>
詩集「十四行詩」/100円 6部
エッセイ「造ら」/0円 11部(うち代行6部)
小説「室長とねこ」/0円 17部

小説の無配については、じゃんじゃん配りましたので持って行った分全部なくなりました。15:30ぐらいになくなったので、もう少し多いぐらいでちょうどいいかも。

驚いたのは詩集です。
テキレボは小説が出るイメージがあったので、詩集は無理かなーと思っていたのですが、予想を上回って嫁入り出来ました。
もしかしたら、詩のジャンルは供給数が少ないので、1つ1つしっかり吟味して頂けるのかもしれないですね。小説は選択肢が多いので目立ちにくいかも。
Webカタログに試し読みをそのまま載せたのも良かったのかもしれないです。URLのワンクリックが面倒臭かったりするので。

反省はエッセイです。無配だけど勧めにくい。私がw
うーん。でも、手に取られる機会がほぼなかったので、宣伝の仕方とかディスプレイとかがアカンかったかもしれないですね。
「無配なんで」と言って押し付けるのは小説の方がやりやすい。一つ賢くなりました。

あと、オマケで猫の写真カードも配っていたんですが、皆様に「可愛い」「イケメン」「美猫」と言って頂けました。ありがとうございます! ありがとうございます! イケメンですよね!
むしろこれだけでテキレボに参加した甲斐がありました。ぐへへ。

猫については、俳句のみろくさんが「あっちで猫カード貰えまっせ!」と誘導して下さいまして、2人程の猫好きさんをご紹介頂きました。みろくさんは猫の俳句を頒布していたり、猫表紙の本を頒布していたりする方です。
そして実はテキレボ内ねこねこネットワークの本部だったのです(嘘)。
ああいう行為が自然に出来る徳の高い人間になりたいなぁと思いました。おかげで楽しさが倍増致しました。この場を借りて感謝を!


(4)飲み会など
一次会と二次会へ行きました。ぼっち参加だよ! 知り合いナッシングだよ!
楽しんで来ました。私は酒が入ると人の話の腰を折る事を我慢しなくなるし、思いついた事を言ってしまうし、元々上下関係が緩いので、なかなか煩くて面倒くさくて邪魔くさかったかもしれません。一応、飲んだ後に反省するだけの良心はあります。
皆様、お付き合い頂きありがとうございました。そしてどうもすみませんでした。

とりあえず、文字書き内のお絵描き能力格差というものが存在するなと実感しました。
「テスト勉強やってないよー」と言い合って結果が返って来た時の女子みたいな気持ちになりました。
皆絵描けるじゃんよー。うそつきー。羨ましいー。
テキレボさん内で字書きお絵描き大会をやって欲しいです。画伯を選ぶのだ。画伯を選ぶのです。


(5)開催前
テキレボは開催前を書かないといかんなと思います。
宣伝合戦、滝TL。特に代行の締め切り前が一つの大きな山ですかね。
私はありがたいことにれぼんちゃんに拾ってもらい、あと宣伝力のあるアカウントの方にRTして頂いたりと、幸運が重なりまして色んな方にWebカタログを見て頂いた気がします。
改めてお礼を。ありがとうございました。

アンソロにも参加致しました。
あれ、目立つの無理だw 正直、普通にやったのではアピールにならない気がする。特に今回、詩集なのに小説出してるからね。私。
ただ、「コイツのはつまらんから本番でも見なくてええわ」という事にはならないので、参加してもデメリットはないよ、という感じです。あとありがたい事に感想を頂けるので、楽しいと思います。

ミニブースだと参加確定後に参加費を支払います。
この時点で、通常ブースの方とはWebカタログ登録の時期がかなり異なります。
最初は不利のような気がしていましたが、実際に宣伝が活性化したり活きてくるのは代行の申し込み辺りなので、思い返すとあまり問題なかったなと思います。


(6)台東館
ミーハー建物好き、家具好き、オブジェ好きとして、見過ごせなかったものがこちら(テキレボ関係ない)。


台東館の階段の手摺りです。杉ですってよ! 杉!
木材や石材の曲面っていいですよね。浪漫です。
写真がまずいのでベ○ースターラーメンみたいに見えますが、実物は手触りが滑らかでいい感じでした。
その割に、会場は誰かが歩いたら揺れる感じの床でして、元々は古い建物をちょっとリフォームした感じなのかなぁと思ったり。
余談ですみません。


他にも何か思った事があるような気がしますが、とりあえず力尽きたのでこの辺で。
次回は何とか小説で参加したいなぁと思っています。
ではでは。